婦人之友社の評価~!魔法使い

1990年発行で一昔前な雰囲気ですが!書いてある事はとても為になります。。たとえば!玉ねぎは薄切りにしてドレッシングにつけておき!温野菜やトマトとあえる(味も染みていて美味しいです)・ベーコンは購入後!よく使う大きさ・分量に切って冷凍しておく!挽き肉でたねの元を作っておき!ハンバーグ・ミートボール・ロールキャベツにする!などなど。

これっ♪

2018年01月08日 ランキング上位商品↑

魔法使い 婦人之友社魔法使いの台所 まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分 [ 婦人之友社 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

大きな本屋にもなくて、やっとこちらで購入。休日のちょっとした時間を平日に回せたらちょっとは余裕ができるのにな〜なんて思っている方は、この本で魔法使いに弟子入りしてみませんか?これはホントおすすめです!料理好きな方、料理はイマイチな方全ての人に読んでもらいたい一冊です。ネットで調べたところ!町田さんも入られていた婦人之友のものが良いと知り!評判の良いこの本を購入。おいしいものをきちんと食べたい、でも手間はできるだけ省きたい。スピード調理のメニューと言うより!まとめ買いと下準備を一気にやって!普段の料理を楽にしようという本なので!「余り物でさっと作れる」みたいなレシピを探している人には向かないかもしれません。お肉は買ってきたら速攻冷凍庫!の生活でしたが!下味をつけて冷蔵庫というのも発見。また、作り置きの料理は美味しくない!と思い、毎回1から作っていた私に、この本の提唱する『半調理品をストックして使いまわす』という手法は、目からウロコでした。。出版年月日は古いようですが!そんな事全然感じさせません。ずっと大事にしていきたい本です。普通の料理本とは趣が違いますけれど、忙しい人、料理にまとまった時間をかけられない人には、非常に参考になると思います。ずっとこの本を探していました。実用性のある本は手元に置いておきたいですよね。母が昔から愛用(愛読?)しています。他のサイトで絶賛されてたので購入しました。今の狭い台所では限界があるかもしれませんが!夕食作りとお弁当作りの時間短縮に活用したいと思います。最近のレシピ本のように!写真主体ではなく比較的文字が多いのですが!毎日の献立に役に立ちそうなレシピが200以上載っています。本来であれば母親から伝授されるようなことが書かれていて!親から伝授されなかった私にはとても有難い1冊です。と不安になり、こちらの本を購入しました。一歳になったばかりの子供に手がかかり、充実した食事を作れなくなってしまったのが悩みでしたが、この本を参考にして解消!!! 毎日「今日の夕飯どうしよう」と頭を悩ますこともなくなり、逆に先手先手の下ごしらえが楽しく、「今日はあれがあるから、こうしよう!」と前向きに取り組み、本格的な調理は短時間ですますことができるようになりました。以前、図書館で借りて良い内容だったので手元に置いておきたく購入しました。レシピも載ってます。約20年前に発行されたものですが、今でも十分に役立つ内容です。大きさも15.5×21cm程のコンパクトな作りなので手軽に扱えるのもいいところ。この本を読んでから、作り置きや下ごしらえを計画的にできるようになりました。(他の方のレビューにもあるように)私が出会った本で一番のお勧めです。みなさんのレビュー見てから購入しました。ずいぶん古い感じですが、新米共働き主婦の自分にとって大変勉強になりました。肉をブロックで買って下ごしらえして使い回す!合わせ調味料をたくさん作ってストックするなど!日々のごはんの支度を楽にする方法がたくさん載っています。主婦の方々から見れば!当たり前のことなのでしょうが!私には新鮮な内容でした。なるほど!あとはただ焼くだけだったりするので楽なのね。マメな方にはもちろん!むしろ「料理めんどくさいわ〜。なるほど。確かに本はレトロで若干読みにくい感じもありますが!教科書的に使えそうです。母親はワーキングマザーで料理下手!料理上手な祖母は早くに他界してしまった私は!家庭で料理を教わるということが全くありませんでした。家庭科の教科書のようというレヴュー通り、写真もなんとなく今風ではないものの、とても為になる一冊です。そうすると料理が好きになるかも?って本です。夕食の支度をしながら、くらいの手間で一品増えたり朝食・お弁当の下ごしらえができたり。その母が役立ってよかったというこの本!次は私が使う番。一般的な料理本に載っているレシピはその場で1から作るレシピばかりなので。ある程度料理の出来る方向けの本。買ってよかったです。繰り回し方や保存方法・まとめ作りなどなど!手抜きではなく合理的で時間短縮になるような知恵が盛りだくさんです。」なんて思いましたが、内容が濃かった!料理本にありがちな捨て所が無く、奇抜でなく有り触れていない堅実な料理が満載です。おすすめ。充実した食卓のためにいかに効率良く準備するか!教科書のように書いてあり!とても勉強になります。『全く包丁も触ったことも無い』人にはちょっと分かり辛いところがあるかもしれませんが、普段に食事の支度をされてる方なら大丈夫です。これなら、作ったおかずをストックするわけではないので、常に作り立ての美味しい料理を短時間でだせる。雑誌かぞくのじかんを愛読してて、知った本です。購入して損はない一冊です!常に手元において活用したいと思いました。写真が少なく!レシピも詳しくは書いてないので初心者向けの本ではないと思います。新婚さんや一人暮らしを始めたばかりの方にプレゼントしても良さそう。さて、こんな調子で仕事復帰して両立できるだろうか。買ってきた食材に一手間かけておく方法!それを使っての料理!常備菜について!手作りのタレ・・・ホント色んなことが出てます。レシピ本というよりは指南書として愛読しています。野菜・お肉などの保存方法や、冷蔵冷凍の仕方など様々です。買ってからそんなに時間たってないですが、もう何度も見返してます。食材を無駄なく使うにはどうすればよいか調理法があるのでとても参考になりました。もっと早くこの本に出会いたっかたです。装丁などは古臭いですが、この先何十年も参考にすることになるであろう本なので古臭さは気になりません。共働きで家事をこなす時間のなかった母は、とても料理上手。そういう人にぴったりのレシピです。お洒落な写真があれば盛り付けの参考にもなるけど、それは図書館で借りれば充分かな。ただ!一度に調理するには少人数の家庭だと多すぎると思うので(肉などは数kg単位のレシピです)加減が必要です。主婦歴16年。娘が産まれ!今は育休中でほのぼの家事をしています。後は自分の考え方次第で無限のレシピが出来ると思います。」な方におすすめです。さらには!二年も休んでいたお弁当作りも再開できました。頑張っているけどもっと時間や手間に無駄をなくしたい方や、子育て中でとにかく時間のない方、一人暮らしをはじめる際にも自炊の手助けとなるはずです。レシピというより、スキルが身に付くヒントがたくさん載ってます。地味ですが堅実なレシピ集です。忙しい方に文句なしのおすすめです。妹も愛読者です。(私はレシピよりもだしの取り方!食材の保存方法!買い物の目安などが大変参考になっております)家庭科の教科書とお母さんの経験と知恵がいい具合に織り交ざった感じです。町田貞子さんの著書を読んで以来!楽しく・合理的に家事をすることに目覚めました。初めて手に取った時は「え?結構薄いな〜。毎日何作ろうかな?と悩む反面!仕事から帰ってバタバタと・・・手の凝ったものなんて作れないし・・・この本は働くお母さんに読んで頂きたい。